スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全 ✚ 第一

ご無沙汰しております。

前回の更新の通りハウスはぶっ飛びましたが、補修、張替えも終わりなんとか営農しております。

そう。農業には沢山のリスクが付きまとっています!

お天気の事もそうですが、機械作業にも危険がいっぱい。

大作農園はハウス農家なので機械はそんなにありませんが、それでも油断は禁物です。

それを気付かせてくれるのが「絵文字」


自分は幼いころから絵文字が好きで、小学生の頃だったかダンボールにプリントされている絵文字を切り抜いてコレクションしていたこともありました。  暗い趣味だ!

農機具にも様々な注意喚起の絵文字がついている。

大作農園にある気になる絵文字を集めてみた!   略して「絵文字D」 イニシャルDみたいだ!


先ずはこれだ↓
怖い絵文字 (5)
二段梯子についていた。
電気ビリビリ&掌グシャ!

スノーブロワー↓
怖い絵文字 (4)
トラクタからどひゃー
もちろん作業中は子どもを近づけてはいけない!

怖い絵文字 (3) ざくっ!

ロータリー
怖い絵文字 (6)
横からド――ン!
足の先ポロッ!

怖い絵文字 (2)
腕がグンニャー   これは怖い

そして自分が一番怖いと思うのがコレです↓
怖い絵文字
こえーー

同業者のみなさん。機械作業には気をつけましょう。

スポンサーサイト

☆★ミニ四駆はじめました☆★

もう今年も残りわずかですがいかがお過ごしでしょうか?


大作農園の育苗ハウスでは苗…ではなくて、

ミニ四駆のサーキットが日々生長中です。

育苗ハウスサーキット (3)


大作農園はミニ四駆ブーム(レッツ&ゴーの方)ドンピシャ世代です。

先日スキー場バイトの休憩中に「ミニ四駆懐かしい」って話になって、

少年の頃親に買ってもらったミニ四駆のサーキットが物置の片隅に眠っている友人が多く、

そのサーキットたちを集めて夢の大サーキットをつくる事になりました!!


今のところ集まったサーキットは↓の通り。 まだまだ募集中です!!!

・オーバルホームサーキット(2レーン)×2 (内一つは大作農園所有)
・ジャパンカップジュニアサーキット(3レーン)×2


大きいコースで走らせるのは少年の頃の夢でしたからね~

早速大きいお友達2人とミニ四駆を買いに行きましたよ。

育苗ハウスサーキット
↑ミニ四駆に夢中になる大きいお友達の図


大作農園が選んだマシンはこちらだす!
ナイトレイジjr (3)
ナイトレイジjr 

写真ではわかりづらいですが、ピックアップトラックというところに惚れました。

早速渋めのODに塗装。

塗装中

愛車のダットサントラックにちなんで「脱兎さん号」と名付けました。

脱兎号

年明けに開催予定の「大作農園カップ(?)」に向けて早いマシンに仕上げます。




ミニ四駆やりたい人はお気軽に大作農園まで!

ミニトマトの苗の栽培がはじまる2月までやってるよ~!

それでは良いお年を☆★

水菜男は錯乱状態

1株500グラムの水菜


水菜を収穫しているうちに…

顔まで水菜になっちまった。











…ところで、運転免許証にICチップが埋め込まれているのをご存知ですか?

気になったので取り出してみました↓
IC.jpg

手前の四角いやつです。




忙しいとか言いつつ、こんなくだらないことばっかやってるんです。

収集癖と飼育癖


どうやら根雪になったようで・・・


この時期、野菜はあんまり収穫できません。 今日の道の駅の売上460円…

そして新鮮なブログネタも収穫できません。
  

なので今日はこの辺でさようなら・・・


ととと、このままでは終われないぜ!!!

地味~な僕のコレクションを紹介してから寝ます↓
袋コレクション

種子メーカーの袋です。 我ながら根暗な趣味ですな・・・

種ショップで野菜の種を買うとこんな袋に入れてくれるんですよ。

種袋コレクター歴6年くらい。

持ってない袋が手に入るとテンション上がります↑↑


この趣味を共有できる方はおらんでしょうな~



趣味の話になったので、もうひとつ。

↓ペットのエビさんです。
青いヌマエビ 青いヌマエビ。
ピンボケ…安デジカメに虫メガネを当てて撮影してもこれが限界。

体長2センチほどの小さなエビです。


↓黄色いのは最近抱卵! 卵をたくさんお腹につけてます。
まま蝦

おせち料理に入れるのにちょうどいいかもね!

悩んでるタール人

壮瞥ではもう何度か霜が降りまして。

ハウスの中のミニトマトは限界ギリギリ。なんとか生きてます。  愛娘の写真を撮るためデジカメを妻に託してあるので写真はありません。


こうなると収穫量の半分は傷や裂果などいわゆる「ハネモノ」になってしまいます。

そのハネモノの中から裂果していないものを選んで「わけあり商品」として販売しています。

わけありとわけなし




今朝道の駅にて。


お客さんのマダ~ム  「わけありと普通のはどう違うの?」

大作農園        「傷などが少しありますが味に違いはありません。
              わけありの方がたくさん入っていてお買い得です」

お客さんのマダ~ム  「私キズモノだからそっちでいいわ」

大作農園        「え!?どこにキズが・・・じゃない・・いや、あはは」
 


こういう時ってなんて答えればよかったんでしょう?



そのキズ僕が癒しましょう・・・×
トマト食べてキズを癒してください・・・センスなし。
 

営業トークを磨かなければなりませんな!
アクセスカウンター
ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

大作農園

Author:大作農園
甘いだけのトマトじゃない

目指すのは味わいと物語のあるトマト。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。